WEB会議システムQ&A

WEB会議システムを利用してみよう!

Q6.WEB会議をする上で、気を付けることがありますか?

A.従来から行われている会議をそのままWEB会議に置き換えて実施することはお勧めできません。事前に資料を配布しておくなど、対面(オンライン)で行う部分を必要最小限にするような工夫が必要です。双方向性のやり取りが必要ない講話などは、ライブ配信や動画提供などに切り替えていくことで、通信への負荷を軽減することができます。

 また、WEB会議を実施する際は、可能な限りの同時刻帯に接続テストを行いましょう。通信速度は、接続されているネットワークの影響を大きく受けます。時間帯によってはつながりにくい時間帯もあります。必ず確認を行っておきましょう。

Q1.どんなWEB会議システムがありますか?

A.現在多くのWEB会議システムが利用され、目的や方法などに応じて活用されています。有料のものから、接続時間に制限のある無料のものまで多種多様です。熊本県教育委員会主催の会議では、主に以下の2つのWEB会議システムを活用しています。

【VQSコラボ】関連HPはこちら

・熊本県教育委員会が契約している機密性の高いWEB会議システムです。

・専用のアプリケーションが必要です。

・接続するためには、双方にアカウントが必要になります。

・接続に必要なアカウントは、各教育事務所及び市町村教育委員会に配布しています。

・WEB会議の時間は無制限です。

【Google meet】関連HPはこちら

・熊本県教育委員会がドメインを取得し、活用しているWEB会議システムです。

・アプリケーションは不要です。(専用アプリケーションもあります。)

・接続するためには、Googleアカウントが必要になります。Google meetだけの活用であれば、リンクURLを相手に送付することですぐにWEB会議を始めることができます。

・接続に必要なアカウントは、各教育事務所及び市町村教育委員会、各小・中・義務教育・県立学校に配布しています。

 

【その他のWEB会議システム】例:Zoom

・広く一般に活用されているWEB会議システムであり、接続も簡単です。

・アプリケーションは不要です。(専用アプリケーションもあります。)

・接続するためには、アカウントが必要となります。リンクURLやミーティングIDを相手に送付することですぐにWEB会議を始めることができます。

・接続に必要なアカウントは、個人や各自治体で取得する必要があります。熊本県教育委員会では取得していません。

・WEB会議の時間は、3人以上接続すると40分間となります。有料アカウント取得で、無制限となります。