教育の情報化

情報端末や情報通信ネットワークの普及などによって、児童生徒が手にすることができる情報量は日々増加しています。
このような状況の中で、児童生徒が誤った情報や不要な情報に惑わされることなく、真に必要な情報を取捨選択し、自らの情報を発信し得る能力を身に付けることは、児童生徒にとってますます重要になってきています。
また、新学習指導要領が示す「学習の基盤」となる資質・能力としての「情報活用能力」の育成も重要です。
熊本県立教育センターでは、「教員のICT活用指導力」を高め、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善や児童生徒の情報活用能力の育成を目指しています。また、情報モラル教育等の喫緊の課題や校務の情報化に対応した研修にも取り組んでいます。