小学校
 授業でのICT活用
 情報モラル教育
 教科等別
 学年別
 
中学校
 授業でのICT活用
 情報モラル教育
 教科別
 学年別
 
高等学校
 授業でのICT活用
 情報モラル教育
 教科別
 学年別
 

 ●  学級活動

 

5学年 学級活動
 「生活の中で必要となる情報セキュリティの基本を知る」
授業者 天草市立楠浦小学校 上中 恭 教諭

  学習指導案  

◆ 情報モラル教育のポイント
  (1)

授業のねらい

自分のものは自分で確実に管理する大切さや他人のものを勝手に使ったりしないことを日常モラルの事例と照らし合わせながら再認識することができる。

 

  (2)

情報モラル教育の視点

本時は、情報モラル指導モデルカリキュラムにおける分類4「情報セキュリティ」g3-1「不正使用や不正アクセスされないように利用できる」の視点から授業を展開する。

 
 

本時は、情報モラルの情報セキュリティに関する内容について、系統性を大切にしながらトピック的に教材化して授業を展開する。

 

児童の実態から、情報機器等の使用経験や使用環境の違いから、問題の想定に個人差が見られると考える。よって、「パスワード」などの用語や使用についての特性を導入で取り上げる。

 
 

情報化社会でも、一般的な日常のモラルが大切であることを理解させる。


本時の展開

(1) 目標

自分のものは自分で確実に管理する大切さや他人のものを勝手に使ったりしないことを日常モラルの事例と照らし合わせながら再認識することができる。

     
     
  (2) 展開

 

 
過程

学習活動

○主な発問と児童の反応

教師の指導と評価 備考
導入20分

@パスワードについて発表する。

 

 

 

 

 

 

 

Aパスワードの働きについて知る。

 

 

 

 


Bパスワードの大切さについて考える。

 

 

 

 

 

 

 


Cパスワードの大切さを再確認し、めあてを考える。

 

大切なパスワードを守るためにどんなことを工夫すればいいのか考えよう。

 

○パスワードって何ですか。また、どんな時に使いますか。


・自分だけが知っている言葉。
・他人に知られてはいけない暗号。
・ゲームをする時。
・カードの番号。 
○パスワードは何のためにあるのでしょうか。
・本人か確認するため。
・自分の情報を守るため。
・物などを盗まれないため。
○パスワードを他人に知られたらどんなことになるのかな。
・自分の情報を盗まれる。
・本人になりすまして勝手なことをされる。
○「自転車と鍵の番号」「家と鍵」の関係で説明してください。
・例えば、自転車だったら、勝手に乗り回される。
・家だったら、勝手に入っていろいろな物を盗まれる。
○パスワードが漏れ事件に巻き込まれたビデオを見せます。
・え〜おそろしい。
・他人になりすまして、そんなことをするのか。

インターネットなどを活用する場合だけなく、児童の生活の中についても考えさせる。

 

 

 

 

 

 

パソコンの画面などを見せ、実際に活用していることを押さえる。

 

 

 

 

インターネット上で行われるであろうことを、児童に身近な事例に置き換えることで、パスワードの大切について実感を伴って理解させる。

 

 

 

 

 

身に覚えのない請求が来た事例(不正アクスセスなど)
自分になりすまして掲示板に書き込まれた事例

カード@
パスワード

画像@
パソコン画面

カードA
自転車

鍵家

映像@
警察庁作成映像

 

展開20分

Dパスワードの作り方を考える。
(1)悪い例

 

 

 

 

 

(2)よい例

 

 

 

 

 

 

Eパスワードを守るために工夫することを考える。
(1)セキュリティ面

 

 

 

 

 

(2)態度面

 

 

○どんなパスワードを作ったらいいのかな。
○忘れないように、自分の名前がいいよね。
・すぐばれると思います。
・う〜ん。分かりにくいのがいいと思います。

 

○分かりにくく、覚えやすくするにはどのようにすればいいのかな。
・数字とか※、−などを入れればいいと思います。
・みんなが知らないもの。
・暗号のようなもの。

 

○その他に、どんな工夫があるかな。
・インターネットでウイルスチェックなどを確実にする。
・パスワードを時々変更する。

 

○どんな人なら教えられるかな。友達はどうかな。
・親だけに教える。
・親友ならいいと思う。


名前や生年月日などの例を挙げる。
パスワードの伝言ゲームなどを行い、情報の漏れなどを体感させる。

 

分かりにくいと自分自身が覚えられなく、メモを活用することになり,この後の学習へつなげていく。
例:銀行のカード番号の作り方

 

家で行っていることなども想起させ、自分でできないことは親に頼むことなども押さえる。

 

メモを渡すことや親友から漏れた場合などを考えさせる。

カードB

悪い例

 

 


カードC

よい例

 


画像A

ウイルスチェック

終末5分

Fパスワードの扱い方についてまとめる。

 

 

 

 


G日常生活と照らし合わせて考える。

 

 

 

 

○パスワードを守るために気を付けることをまとめましょう。
・パスワードが他人に知れたら大変なことになる。
・作り方やチェックも大切だ。

 

○ネット上では、顔も見えないし、人にばれなければいいのかな。
・普段の生活と同じように、自分のものを大切にしたり、他人のものを勝手に使ったりしないことが大切と思います。

パスワードを守るためには、作り方、他人に教えないこと、セキュリティチェックなどの大切さを再度押さえる。

 

【評価】 ネット上の問題について、普段の生活の中の日常モラルと照らし合わせて考えることができる。

 

 

ノート