小学校
 授業でのICT活用
 情報モラル教育
 教科等別
 学年別
 
中学校
 授業でのICT活用
 情報モラル教育
 教科別
 学年別
 
高等学校
 授業でのICT活用
 情報モラル教育
 教科別
 学年別
 

 ●  理科

 

5学年 理科 「情報を正しく安全に利用することに努める」
授業者 天草市立楠浦小学校 上中 恭 教諭

 授業映像 学習指導案 ワークシート 板書計画

◆ 情報モラル教育のポイント
  (1)

授業のねらい

映像などの情報から台風の動きにともなう天気の変化を考えることができる。


  (2)

情報モラル教育の視点

本時は,情報モラル指導モデルカリキュラムにおける分類3「安全への知恵」のe3 「情報を正しく安全に利用することに努める」の視点から授業を展開する。 

 

受け取った情報だけを信じて判断せず,別の方法(複数の資料)で確かめることをとおして,情報の確かめ方や活用の仕方を考えさせる。

 

本時の展開

(1)

 

 

目標

 

 

映像などの情報から台風の動きにともなう天気の変化を考えることができる。

 

  (2) 展開

 

 
過程

学習活動

○主な発問と児童の反応

教師の指導と評価 備考

つかむ

8分

(1 )前時の学習をふり返る。

 

 

(2 )本時のめあてを知る。

@大まかな予想をする。

 

 

Aめあてを知る。

 

台風の動きと天気の変化について考えよう。

○雲はどのように動くのかな?

・雲は,西から東へ動きます。

○ 楠浦の天気はどう変わるのか?

・晴れからくもり ,雨へと変わる 。

○なぜ,台風情報があるのか?

・大きな被害になることがある。

○この台風で分かることは何?

・風速が50m/sと書いてあり、大きな台風と思います。

○ この台風はどのように動いていったのでしょうか?

・多分 ,カーブを描いて動きます 。
・まっすぐ行くと思います。

◎ この台風はこのように動きまし
た。さて,この後どう動くかな 。
また, 台風の動きによって天気はどのように変わっていったのだろうか。

○ 4 枚の写真は,どのような順番
になると思いますか?

雲は西から東へ動き,天気の予想ができることを押さえる。

 

台風による被害を押さえ, 様々な台風情報が提供されていることを押さえる。

 

数名の児童に説明させ ,その後の動きを提示する。

 

4 枚の台風図を提示し,予想させる 。( ワークシート)

※キーワード「雨・風」

 

ワークシートと写真を
配り,書き方等を示す。

資料 @

「天気図」

 

資料 A

「台風18 号 」

 

資料 B

「台風の進路 」

 

資料 C

「台風写真」

さぐる22分

(3 )今までの動きをもとに台風の動きと天気の変化を予想し,考える。

@自力解決をする。

【言語活動1】

 

 

A発表し合う。

 

Bその後の動きについて確かめる。

○写真の中の台風はどこかな?
・渦巻きのような形だな。
・今ここにいるので,こうカーブを描いて九州の方に来るんじゃ ないかな。だったらこの並びだ。
◎台風の動きと天気の変化を,自分たちの住んでいる場所で考えてみよう。
・雨や風がすごかったと思う。

○それでは,予想した動きにともなう天気の変化を発表してくだ さい。
・ぼくは,カーブを描くと思うので,B→@→C→Aになると思う。自分達の住む楠浦も雨風が強くなっていったと思う。

○みんなの予想どおり,台風はこのように動き,風が強かったようです。家の人にその時の様子を聞いてみましょう。
◎今までの学習から,台風はどのように動くと考えられますか?
・南で発生して,カーブを描きながら北の方へ動くと思います。


既習事項を生かして台風の動きによる風の強さ
や雨量を予想させる。
ワークシートに考えた4枚の地図を貼らせ,天気の変化を書き込ませる。


黒板で,考えた動きと天気の変化を発表させ,付け加えなどで考えを深めさせる。

?予想することで,生活の備えに生かせることにも触れる。

月ごとの台風の主な動きを示し,予想できることを押さえる。
※キーワード「南→北」

ワークシートノート


資料D
「台風の動き」
動画T
「動き,予報円,雨・風量」
資料E「月別の台風
の進路」

ふかめる10分

(4)別の台風の動きについて考える。
@映像資料を見て,予想を発表する。



A台風の動きと天気の変化について話し合う。【言語活動2】

○今までの学習から考えてみましょう。
・これは7月のだな。だったらこのように動くと思います。
○この台風の動きを確かめてみましょう。
・え〜。変な動きになっている。
○この台風は,どのように動くの?・また,変な動きになっている。

◎今日の学習から,台風の動きと天気の変化についてどのような ことが言えますか?
・台風は,日本の南の方で発生し,北の方に動く。(大まかな規則性)
・大雨になり,強い風が吹く。
・普通の雲と違って動きは不規則である。

予想に反した動きをする資料を見せ,興味を喚起するとともに,情報の活用の大切さに触れる。

資料については,意図的に準備しておく。

 

評価
科学的思考・表現
台風の動きと天気の変化を見出し,その結果を発表したり,ワークシートにまとめたりしている。
(ワークシート・発言)

 

※キーワード「南→北」「不規則」「強い雨風」

資料F
「台風図」
インターネット

資料G
「台風の動き」新聞・テレビ

資料H
「総括資料」

 

まとめる

5分

(5)本時の学習のまとめをする。

○今日の学習をまとめましょう。

◎また,台風は,大きな被害をもたらすことがあります。今日学習して分かったように,常にテレビ,新聞,インターネットなどで情報を得る必要がありますね。
◎被害に合い,電気がストップしたら何が一番いい情報源でしょうか?
・携帯電話? ラジオ?

<まとめ>
台風は,日本のはるか南で発生し,不規則に動きながら北の方へ動く。そして,台風が近づくと雨が多く降り,風がとても強くなる。

 

情報収集・活用の大切さを押さえる。

ワークシート