小学校
 授業でのICT活用
 情報モラル教育
 教科等別
 学年別
 
中学校
 授業でのICT活用
 情報モラル教育
 教科別
 学年別
 
高等学校
 授業でのICT活用
 情報モラル教育
 教科別
 学年別
 

 ●  家庭科

 

5学年 家庭科  「情報の正確さを判断する方法を知る」
単元名 「くふうしようかしこい生活」
授業者 水俣市立第一小学校 伊藤 卓哉 教諭

  学習指導案  

◆ 情報モラル教育のポイント
  (1)

授業のねらい

商品の情報を集める様々な方法や品物の選び方を考える。

自分の消費生活を振り返り今後の生活に生かそうとする。


  (2)

情報モラル教育の視点

本時は、情報モラル指導モデルカリキュラムにおける分類3「安全への知恵」e3「情報の正確さを判断する方法を知る」の視点から授業を展開する。 

 

本時の展開

(1)

 

目標

 

・商品の情報を集める様々な方法や品物の選び方を考える。
・自分の消費生活を振り返り今後の生活に生かそうとする。

  (2) 展開

 

 
過程

学習活動

(◆主発問 ◇発問 ○説明・指示)

指 導 上 の 留 意 点

備考
導入10分

1、本時の学習への見通しを持つ。
◇どちらを買いますか。
◇どうしてですか。
2、学習のめあてをつかむ。

 

商品を選ぶときに気をつけることを考えよう。

○どちらを買うかクイズ形式で出題し、選んだ根拠を出し合う中で、商品を選ぶときには様々な視点があることに気づかせたい。

大型液晶テレビ


学習シート1

展開25分

3、課題解決をする。
(1)食品を購入するときに気をつけることを考える。
・食品購入の際のポイントを出し合う。
・品質表示の読み取り方を理解する。
(2)文房具を購入するときに気をつけることを考える。
・文房具購入の際のポイントを出し合う。
・品質マークの種類やその意味について理解する。
(3)学習のまとめをする。

 

商品についている表示(情報)をよく見て、目的に合ったよい商品を選ぶ。



○品質表示の画像資料を提示し、商品の情報の読み取り方をつかませる。
○品質マークの画像資料を提示し、種類の多さやその意味をつかませる。

画像資料1


画像資料2

終末10分

4、これまでの消費生活を振り返り、今後の生活で気をつけることをまとめる。

 

 

○学習シートを準備し、これまで買い物をして失敗した経験を振り返らせる。
○賢く買い物をするために今後気をつけることを出させ、学習のまとめとする。

学習シート2