平成18年4月から新たな教職員の人事評価制度がスタートします!


MENU
 新たな教職員人事評価制度について
県立学校(高等学校、特別支援学校) (教職員人事評価制度検討委員会「最終まとめ」より抜粋)
 
 熊本県立学校職員の人事評価に関する規則

 熊本県立学校職員の人事評価実施要領

 人事評価制度の概略(スライドショー) (パワーポイント)
 (音声が上手くでない場合は、下記の動画をご覧ください。)
   高画質(約7MB)
   低画質(約2MB)

 人事評価制度の手引き

 自己評価シート

 評価者評価シート
 
【評価制度の目的】

 学校全体の教育力を向上させるとともに、学校組織の活性化を図るため、それを支える教職員一人一人の資質を向上させることを新たな評価制度の目的とする。

【評価制度の概要】

 教職員の資質向上を図るために、従来から行われている評価者評価に加えて、自己評価システムを取り入れる。校長が立てた学校目標を基本的な方向として、教職員が年度の行動目標を決め、年度末にどれくらい達成できたかを自己点検するプロセスの中で、目標設定から実施、チェックの段階で校長の指導助言等が行われ、教職員の職能成長が図られる、というシステムである。
 一方、評価者評価についても、教職員の職能開発促進の観点から「行動プロセス」による能力評価を行う。また、教職員の実績に応じた処遇を行うため、自己評価システムを活用した実績評価の仕組みを将来的に導入する。行動プロセスによる評価は、教職員に目標となる職務行動を明確に示したうえで、日々の教育活動がどれだけ目標とする職務行動を実践できたかを評価するものである。結果的に明示する職務行動が教職員の行動指針となり、各人の資質向上につながることが期待される。
市町村立学校(小中学校)

 熊本県市町村立学校職員の人事評価に関する規則   

 熊本県市町村立学校職員の人事評価実施要領

 人事評価制度の概略(スライドショー) (パワーポイント)
 (音声が上手くでない場合は、下記の動画をご覧ください。)
   高画質(約7MB)
   低画質(約2MB)

 人事評価制度の手引き

 自己評価シート

 評価者評価シート